委員長

 石田 聡一郎

 

基本方針

 昨今の急激な社会情勢の変化に伴い、個人の生活様式も多様化しました。そのことにより近隣の地域において親密な人間関係を結ぶ機会が減少したこともあり、人とのつながりが希薄化しています。このまま希薄化が進み、互いに無関心になれば相互扶助の関係が崩れ、地域における防災・防犯・福祉・環境などの課題に取り組んできた地域コミュニティが成り立たなくなってしまいます。このような状況を乗り越えるためには一人でも多くの人々が地域コミュニティの有用性を知り、多様な価値観を認め合って信頼関係を築くことが重要です。

 まちづくり委員会では地域力の向上をめざします。そのためには地域への関心を生み出し、人とのつながりを深めることで共に地域の課題解決へ取り組むことの大切さを発信します。まちづくり運動に活発な各種団体と共に、住民同士が地域の課題に対して何をすべきかを考え、共に課題解決に取り組むにはどうしたらいいのかを学ぶ機会を創出します。この運動により、自らが果たすべき役割と責任を自覚し、互いに尊重し合って協力することの重要さを学ぶことができます。そして、地域コミュニティの有用性を知ることで地域への愛着をもち、信頼関係を築くことによって、住むまちから共に生きるまちへの意識改革をめざします。

 また、人々が一つの目標に向かって共に行動し、一体感を得ることによって、人とのつながりの大切さを実感できることに寄与する運動をおこなっていきます。人々に共感を生み出すことで、地域活動への関心から協働につながれば、住民同士がより一層信頼関係を深め、互いに支え合う関係に結びつくと考えます。そして、これらの運動を通じて人々が多様な価値観を認め合い、人と人とが手を取り合えれば、共にまちを創る想いが芽生え、明るい豊かなまちの実現につながると確信しています。

 結びとなりますが、創立50周年という節目に2021年度スローガン 共に生き、共に創る、誰もが輝くまちの未来へ ~価値観共生が切り拓く新時代~ を背景に後岡学副理事長のもと宮本篤副委員長、川口義一副委員長並びにまちづくり委員会メンバー、田中恒成委員長をはじめとする交流委員会メンバーが一丸となり誠心誠意つとめてまいります。皆様のご指導ご鞭撻並びにご協力賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

副委員長

宮本 篤

川口 義一

委員

澤村 一之助

宮村 悠