副実行委員長

  木下 大輔

 

基本方針

 本年度で創立50周年という大きな節目を迎えます。それはひとえに先輩諸氏が紡いでこられた想いと、輝かしいJC運動の功績です。我々はその想いと歴史を受け継ぎ未来にバトンをつなぐ必要があります。そのためには、これまでの軌跡を振り返り検証し未来に向けたビジョンを示し、創造力溢れる持続可能なまちづくり運動へと進化を続けていくことが重要です。

 創立40周年の折に掲げられた「Point ZERO運動」では、原点に立ち返り、真に地域に貢献できるJC運動を展開すべく再発進の年としました。そして、創立45周年の「The Road to Sustainable City」により持続可能な都市へとするため、未来志向という付加価値を生み出しました。さらに本年度は、誰もが自由を感じ、共生することで、創造性がある持続可能な未来に向けて組織が進化し続けるためにビジョンを掲げ、同志と共に突き進んでまいります。

 創立50周年式典では、10年後、さらにその先の未来に向けたビジョンを力強く発信します。その上で、メンバーが一致団結し、関係諸団体の皆様に共感していただき相互理解を深め、より一層強固な協働体制を構築してまいります。そして、一人ひとりの価値観を認め合う共生共創が導く未来に向けたビジョンを掲げ、「ひとのつながり、心のつながりが深められる、記憶に残る式典」を盛大に開催します。また、万全を期した綿密な設えにより、メンバー全員が式典全体の流れを細部に至るまで共有した上で、の感動を生む式典とします。さらに、誰もが自由を共に感じる社会へと進むための道標とすべく、創立50周年までの歴史の記録を紡ぎ、新たな輝く未来へとつなげてまいります。

 結びになりますが、副実行委員長という大役を仰せつかり、光栄であり身の引き締まる思いであります。2021年度スローガン 共に生き、共に創る、誰もが輝くまちの未来へ ~価値観共生が切り拓く新時代~ を心に刻み、森岡裕介実行委員長のもと岡本正次幹事、村山圭太小幹事、そして保村涼太副実行委員長と共に、熱い想いを胸に1年間精一杯邁進してまいりますので、ご指導ご鞭撻並びにお力添えのほどよろしくお願い申し上げます。

幹事

岡本 正次

小幹事

村山 圭太

委員

金園 英也

佐々木 由香

土井 健太